FC2ブログ

iPhone 3G発売のソフトバンク好調維持、auは初のMNP転出超過──7月契約数

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
電気通信事業者協会が2008年7月末の携帯・PHS契約数を発表。7月は携帯キャリア各社が夏商戦向けの新機種を多く発売したが、前年同月と比べると市場規模はやや縮小した。キャリア純増トップはソフトバンクモバイルで、15カ月連続。

ニュース2008年08月07日 16時24分 更新iPhone 3G発売のソフトバンク好調維持、auは初のMNP転出超過──7月契約数
電気通信事業者協会が2008年7月末の携帯・PHS契約数を発表。7月は携帯キャリア各社が夏商戦向けの新機種を多く発売したが、前年同月と比べると市場規模はやや縮小した。キャリア純増トップはソフトバンクモバイルで、15カ月連続。
グループ名 2008年7月純増数 累計
NTTドコモ 9万4200
 2in1:6万8200 5372万2800(51.6%)
 2in1:37万2100
KDDI 1万7000 3032万1900(29.1%)
ソフトバンクモバイル 21万5400
 ダブルナンバー:1300 1932万7100(18.6%)
 ダブルナンバー:1300
イー・モバイル 6万5000 66万8100(0.6%)
携帯総計 39万1500 1億403万9900
(前月比増減率 0.4%)

電気通信事業者協会が2008年7月末の携帯・PHS契約数を発表。7月は携帯キャリア各社が夏商戦向けの新機種を多く発売したが、前年同月と比べると市場規模はやや縮小した。キャリア純増トップはソフトバンクモバイルで、15カ月連続。

ニュース2008年08月07日 16時24分 更新iPhone 3G発売のソフトバンク好調維持、auは初のMNP転出超過──7月契約数
電気通信事業者協会が2008年7月末の携帯・PHS契約数を発表。7月は携帯キャリア各社が夏商戦向けの新機種を多く発売したが、前年同月と比べると市場規模はやや縮小した。キャリア純増トップはソフトバンクモバイルで、15カ月連続。
グループ名 2008年7月純増数 累計
NTTドコモ 9万4200
 2in1:6万8200 5372万2800(51.6%)
 2in1:37万2100
KDDI 1万7000 3032万1900(29.1%)
ソフトバンクモバイル 21万5400
 ダブルナンバー:1300 1932万7100(18.6%)
 ダブルナンバー:1300
イー・モバイル 6万5000 66万8100(0.6%)
携帯総計 39万1500 1億403万9900
(前月比増減率 0.4%)

 電気通信事業者協会(TCA)は8月7日、2008年7月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。携帯電話の契約数は1億403万9900件、6月の契約数から39万1600の増加となった。

 キャリア別純増数トップはソフトバンクモバイルで21万5400(ダブルナンバー:1300)の純増。続いてNTTドコモの9万4200(2in1:6万8200増)、イー・モバイルの6万5000、KDDI(au)の1万7000の順となった。

 7月は携帯キャリア各社が夏商戦向けの新機種を発売。7月11日に「iPhone 3G」を発売したソフトバンクモバイルの動向が注目された。ソフトバンクモバイルは番号ポータビリティで5万2000の転入超過、一方、ドコモは5万1100の転出超過、KDDIも1200の転出超過となった。KDDIの転出超過は番号ポータビリティ開始以来、初めて。

 auは前年同月の実績(23万4600の純増)と比べると、伸びは鈍化。キャリア合計の純増総数は昨年度を下回り、市場規模もやや小さくなっている傾向はあるが、他社は昨年とほぼ同水準、イー・モバイルは6万5000も純増した中でauの凋落が目立つ。「春先の不自然なプリペイド契約の純増後、キャンペーン終了とともに6月から解約による純減があり、7月もこの傾向が続いたこと。W62SHやWoooケータイ W62H、G'zOne W62CAなど夏モデルのハイエンド機種の発売がやや遅かったことなどが要因。また、瞬間風速的だがiPhone 3Gの影響も少なからずあったと思う」(KDDI広報部)

 イー・モバイルはドコモに次ぐ6万5000の純増で今回も好調。特に、家電量販店などにおいて小型モバイルPCとセットで安価に販売する方法が好評。7月はEMONSTER liteなどの新機種も発売したが、純増の多くはデータ通信端末によるものだという。「セット販売するPCが品切れしてしまう場合もあった。それがなければもう少し伸びたかもしれない」(イー・モバイル広報部)

ウィルコムは2100の純増

 ウィルコムのPHS契約数は6月末の純増に続き、今回も2100の純増。契約者累計は461万6900となった。

 7月は新機種「WILLCOM 03」「WILLCOM D4」「WILLCOM 9」を投入した。

 中でも、“2台目”用としてWILLCOM 9や「HONEY BEE」などのシンプルな音声端末が人気で、競争が激化するデータ通信端末の伸び悩みを補う形となった。

引用元:IT Media
スポンサーサイト
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。