12月の携帯・PHS契約数、携帯契約数が1億人を突破

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
 電気通信事業者協会(TCA)は、2007年12月末時点の携帯電話・PHSの契約数を公表した。携帯電話全体の累計契約数が大台を突破し、1億52万4,700契約となった。

 12月の携帯電話の純増数は、21万800人のソフトバンクモバイルがトップ。次いでKDDIが13万8,600人を記録し、内訳はau単体で17万8,400人の純増、ツーカーが3万9,800人の純減となった。NTTドコモは12万1,500人の純増となっている。

 また、四半期毎に契約数を公表しているイー・モバイルは8万3,600人の純増を記録し、累計契約数は20万5,900人となった。

 第3世代携帯電話では、ドコモが71万6,700人、ソフトバンクは50万200人、auが19万7,200人の純増。インターネットサービスは、Yahoo!ケータイが13万6,600人、EZwebが10万7,800人、iモードが5万6,300人の純増となっている。

 PHSの契約数を見ると、ウィルコムが1万6,100人の純増と、久々にプラスに転じた。2008年1月7日にサービスが終了したドコモのPHSは12月は9万6,500人の純減を記録している。

 純減傾向が続き、11月には全地域で純減となってしまったウィルコム。12月に純増に転じた理由として、同社の広報部は、割賦販売やキャンペーンが浸透し始めたことや、テレビCMの影響などを挙げている。また、ドコモPHSとの同番移行サービスの影響については、9月~12月にかけて累計で1万強の移行に留まり、12月の集計への影響は数%としている。

 このほか、MNPを利用した契約数についても各社が明らかにしている。転入と転出を差し引いた各社の結果は、ソフトバンクは4万800件のプラス。KDDIは2万700件のプラスとなり、内訳はauが2万2,700件のプラスで、転出のみのツーカーが2,000件のマイナスとなった。ドコモは6万1,500件のマイナスとなった。

引用元:INTERNET Watch
スポンサーサイト
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。