KDDI、新料金体系を発表・端末価格は高く月額料金は安く

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
 KDDIは4日、東京・千代田で会見を開き、新しい料金体系「au買い方セレクト」を11月12日以降のすべての端末購入者を対象に導入すると発表した。いままでのように端末購入価格は安いが通話料金が割高な方式のほかに、端末価格は一律で2万円高いが通話料金が割安になる方式を用意し、どちらかを利用者が選べる。携帯電話は「1円」端末が店頭で販売されるなど価格体系が不透明で、総務省のモバイルビジネス研究会が見直すように提言していた。

 au買い方セレクトは従来の方式に近い「フルサポートコース」と、端末価格は高い一方で通話料金は安くなる「シンプルコース」の2つで構成する。

 フルサポートコースでは、店頭の端末価格から2万円の購入支援をする代わりに2年以内に解約や機種変更をする場合に、料金が発生する。1年以内の場合で1万8000円、1年半以内の場合で1万2000円、2年以内の場合で6000円の契約解除料が必要になる。基本料金や従量制の通話料金は従来と変わらない。

 ただし、合わせてポイント制度を見直し、月当たりの利用料金に応じて3段階でポイント(1ポイントは1円相当)が付与される仕組みを導入する。このため、ポイントを解除料と相殺することで2年以内でも追加料金なしで端末の買い替えができる。「ポイントを組み合わせたことで、買い替えサイクルがこれまでと比べて激変するなどの状況を緩和できる」(高橋誠取締役執行役員常務)という。月当たりの利用料金が5000円未満ならば利用料金100円当たり4ポイント、1万円未満ならば同5ポイント、1万円以上ならば同7ポイント付与する。

 一方のシンプルコースは端末の購入補助がないため、プルサポートコースよりも端末購入価格が2万円高くなる。通話料金プランは2つを用意した。月の基本料金が1000円で通話料金が30秒15円の「シンプルプランS」と基本料金が2500円で通話料金が1分10円の「シンプルプランL」。購入時にフルサポートコースを選択した場合でも同じ端末を2年使った場合はシンプルコースに切り替えることができる。

 今回の料金体系変更で、従来は端末の販売奨励金として3万円以上を代理店に支払っていたもののうち、2万円を利用者にわかりやすく示した形となった。シンプルコースでは奨励金を減らした原資によって通信料金を割安にしたという。ただし、販売台数などに応じた奨励金など一部の販売奨励金は残ることになる。

 今回の料金体系導入による収益への影響は「ほとんどない」(高橋氏)という。

高橋氏の会見での主な一問一答は以下のとおり。

――端末1台ごとの奨励金を見直しはしたが、オプション契約獲得や台数による奨励金もある。そういった部分はどうなるのか。

 当面は残る。激変は緩和しないといけない。将来的にずっと残るわけではないが。


――モバイルビジネス研究会ではフルサポートコースのように、ポイントを使って端末の購入に当てるのはよろしくないとしているが、どうなのか。

 シンプルコースはモバイルビジネス研究会の提言に応えている。


――契約で利用期間を縛ることで、番号継続制(MNP)が停滞しないか。

 (基本料金を50%割引する)「誰でも割」は長期ユーザーの流動性を高めたのではないか。8月、9月の状況を見ても、誰でも割が始まって活性化している。フルサポートコースでも流動性を残すために、ポイントを利用できるようにした。


――au事業の収益への影響は。

 シンプルプラン一辺倒ではない。フルサポートもある。ユーザーの選び方次第だろうが、収益への影響はほとんどないと思う。ポイントの引き当てなどはすでに業績見通しに入れている。販売インセンティブは低減できる方向にしていきたい。


――シンプルコースで購入コストが上がると端末メーカーへの影響が大きいのではないかという話がある。

 シンプルコース一辺倒ではない。2つのモデルを提示している。


――シンプルコースに割賦制を導入しないのか。

 割賦についてもわれわれが用意したほうがいい時期が来るかもしれない。引き続き検討していきたい。

引用元:ITPlus
スポンサーサイト
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。