安さ 買う時?使う時?au新体系選択制に 来月12日から

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
 KDDIは四日、「au」ブランドの携帯電話で、端末価格が二万円程度高くなる代わりに通話料を安くした、新しい料金体系を十一月十二日から導入すると発表した。端末を安く購入できる従来型の料金体系も内容を刷新。使用形態に応じて利用者にどちらかを選択してもらう。

 端末価格より通話料の安さを重視した料金体系は、NTTドコモも導入に向けて検討中。端末の割賦販売によって基本料金を抑えた料金体系を導入済みのソフトバンクモバイルを含め、携帯会社間で新たな料金戦争が繰り広げられそうだ。

 通話料を抑えたauの新料金体系「シンプルコース」は、基本料金を千五十円(税込み)と二千六百二十五円(同)の二種類に集約。通話料が同程度の従来プランと比べ、二分の一から三分の一程度に抑えた。

 一方、KDDIから販売店に支払う販売奨励金を大幅に減額するため、店頭での端末価格は最大で二万円程度高くなる見通し。

 これに対し、従来型の料金体系を刷新した「フルサポートコース」は、二年間の継続契約を条件に、KDDIが端末購入者に一律二万千円(同)を補助する仕組み。

 途中で機種変更するには、期間に応じた解除料が発生するが、月々の通話料に応じて付与するポイント制度を拡充することで「たくさん使う人ほど短期間で(安く)機種変更できる」(高橋誠執行役員常務)としている。

 携帯電話料金をめぐっては、携帯会社が販売奨励金を通話料に上乗せする形で回収している点を総務省が問題視。一台の端末を長く使う利用者に不利だとして、料金の透明化と通話料の低減を求めている。

スポンサーサイト
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。