ソフトバンク

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
ソフトバンクモバイルは、学生向け割り引き策「ホワイト学割」を2月から期間限定で実施。980円/月のホワイトプラン基本料金を3年間無料にするとともに、パケットし放題の最低料金引き下げや専用の無料コンテンツ配信サービス提供といった優遇策を施す。同社がそこまでして“学生”を取り込みたい理由は何だろうか。

 学生はソフトバンク新規加入で3年間、ホワイトプラン基本料を無料に──。ソフトバンクモバイルのホワイトプランは月額980円、1時から21時までソフトバンク携帯同士の通話無料となる「ホワイトプラン」(2007年1月開始)、ホワイトプランにプラス980円で他社携帯への通話料を半額にする「Wホワイト」(2007年3月開始)、追加料金なしで家族間の通話を24時間無料にする「ホワイト家族24」を導入し、加入件数が1000万(2007年12月22日時点)を超えるほど浸透した。

 これらに加え同社は1月22日、2008年春の新生活商戦に向けた学生向けの割引サービス「ホワイト学割」を開始すると発表した。ホワイト学割は、期間中に新規加入すると、

* ホワイトプラン基本料980円/月を3年間無料に
* “パケットし放題”サービスの料金を0円~4410円/月に(通常1029円~4410円/月)
* 学生向け無料コンテンツサービスの利用

 といった特典が得られるサービスだ。機種購入時の月額分割払いなし、かつ他社やホワイトプランの時間外・適用外通話なし、パケット通信を利用しない最も安価なパターンで、S!ベーシックパックの月額315円から利用できる(なお、ホワイトプラン向けのオプションサービス「Wホワイト」はプラス 980円で加入可能。通話料金や時間制限などの条件は通常契約時と同じ)。

 「一般ユーザー、そして家族。次は学生」(ソフトバンクの孫正義社長)。他社と比べ家族契約比率が低かったかつてのソフトバンクモバイルは、ホワイトプランとホワイト家族24の導入で一気に加入率を上げた。新規加入者を得る大きなチャンスとなる春の新生活商戦に向け、学生向け優遇施策を用意してさらなるユーザー増を狙う。

 対象は連続12カ月以上の就業期間を要し、かつ入学・卒業が年2回以下で固定する小学校から大学に属する、他社の学割サービス適用条件と同様の学生。年齢制限はなく、加入時の条件を満たせば適用できる(例えば大学卒業直前に加入すれば、そこから3年間は社会人になっても有効。社会人が、合致する学生の条件で大学に入学した場合も同様。3年以内に解約した場合のペナルティはない)。加入には、契約者あるいは使用者が学生であることを前提に、所定の必要書類(学生証など)を提出し、端末購入をともなう新規契約時に同時申し込みを行う(未成年者は親の同意書が必要)。店頭販売時は「学生自身の来店」が必要となる。

 “悪意ある親”による不正利用の懸念は「親が子ども用に契約する場合も“学生である子ども自身の来店と学生証などの掲示”が必要であるため、そこまでして子ども用に契約したものを取り上げる親は少ないだろう……と私は性善説を唱える(笑)」(孫社長)としている。  

 「私がこの策を提案した時、社内で猛反対にあった。大幅な減収も懸念されるからだ」(孫社長)。孫社長によると、学生ユーザーはメールやコンテンツを頻繁に使用するためにARPU(契約者あたりの平均収益)が高く、端末も最新のハイエンドモデルを望む率が高いという。そんな学生ユーザーがホワイト学割を利用するとARPUはどのくらいになるか。「正直なところ、やってみないと分からない」(孫社長)とするものの、間違いなく現在より減るとみる。

 ただ、「累積学生ユーザーが少ないソフトバンクモバイルだから実施できる策。逆に累計学生ユーザーが多い他社がやるとそのまま減収に直結するだろう」(孫社長)と直近のAPRUではなくユーザー数を大きく底上げする策をとることで、弱かった学生ユーザーを一気に増やすとともに、長期的に見てトータルで効果を得たい考えだ。3年の特典期間を終えた学生ユーザーが「大人なってもそのままソフトバンク携帯を使い続ける」こと、具体的には「安価を望みそれに慣れたユーザーは、同社以上の価格、あるいは端末的なメリットがない限り他社へも移行しない」ことも想定することだろう。

 なお、ホワイト学割は恒常的な学生向け割り引きプランではなく、当面は2008年2月1日から5月31日までに受け付け期間を限定する、いわゆる「割り引きキャンペーン」のような形態で実施する。期間内に手続きを行うと上記特典が得られる仕組みだ。

 「この策でどのくらいのユーザー増があるか、どのくらい減収があるかやってみなければ正直分からない。もしかして“殺到”してしまうかもしれない。そのためにまず5月までの期間限定とし、それまでに調査・検討し、対策を練る。それをもって今後、どうするかを決めることにした」(孫社長)

同時に、学生向け無料コンテンツサービス「コンテンツ学割クラブ」も開始

 ソフトバンクモバイルがうまいのは、この割り引き策とほぼ同時期に、すべての情報料を無料にする学生向けコンテンツポータル「コンテンツ学割クラブ」も2008年3月1日に始めることだ。

 コンテンツには、「タダが好きなソフトバンク(笑)」(孫社長)ならではの1万点以上のデコレメール(旧アレンジメール)用素材配信コーナー「タダデコ」や有名・人気コミックの1話を2100作品以上配信する「タダコミ」、携帯ゲーム1000本(1年後目標)を配信する「タダゲーム」、お笑い系のネタを配信する「タダネタ」(1年後に100本予定)、名作電子書籍を配信する「タダ本」(1年後に500本予定)、占い情報を配信する「タダ占い」、着うたデータなどを用意するほか、学生ユーザー向けクーポンやオーディション情報、アルバイト情報提供サービスなども行う予定としている。

 アルバイト情報は携帯の位置情報を利用し、例えば「現在いる位置から30分以内の場所で、すぐ働けるアルバイトは?」といった具体条件から検索できる、LocationValueの「おてつだいネットワークス」と連携して行うサービスのようだ。以上同サイトの利用は、ホワイト学割に加入した学生限定となる。

 これらサービスの情報料は無料。しかしパケット通信料は発生する。ホワイト学割利用者向けパケットし放題は、まったく使わなかった場合の最低料金が0円になる特典があるもの、1パケットでも(例えばメールを送受信する、Webサイトを閲覧する、など)通信すると5万2250パケットまで従量課金となり、以後は通常ユーザーと条件が一緒になる。パケットし放題の最低料金が引き下がる実質メリットは、1万2250パケット(通常契約時の“パケットし放題”最低月額料金である980円まで使えるパケット量)を超えないところまでと考えてよいだろう。

 「学生ユーザーは携帯コンテンツ利用率も高く、ARPUも高い傾向」を月額料金を抑えられるメリットで訴求し、情報料無料のコンテンツをたくさん用意してもらう。仮にパケットし放題のパケット通信料が上限となる4410円(5万2500パケット以上)まで使うとなれば、同社としては単純計算で3年間のみ実質月額980円の割り引きとなるほどの減収ですむ(3年間の合計3万5280円が、新規学生1ユーザーを獲得し、3年契約してもらう費用として想定する計算もできる)。

 もちろん無料コンテンツを展開する経費も別途かかるが、無料コンテンツを利用した後、別サイトで有料コンテンツを購入(例えばコミックを配信するタダコミが無料なのは1話のみとしている。2話以降は有料)することで発生する収入なども大いに想定している。

学生=数年後の有望ユーザーを一網打尽に

 それでも、ユーザーにとってホワイトプラン分の月額料金が無料になるのは大きなメリットといえる。

 例えば小・中学生向けに親への連絡専用機種を与える場合、一定期間のランニングコストがホワイトプランの月額料金分抑えられる。他社携帯の2台目(セカンド機、家族や友人との長期通話用など)としてソフトバンク携帯を新規加入したいと考える高校・大学生ユーザーもしかりである。ホワイト学割は同一名義で複数回線分適用できないものの、ソフトバンクモバイルの現学生ユーザーが2契約目として新規契約する際は適用できる。また、4月1日に現学生ユーザー向けの何らかの策を発表・開始する予定としている。
 (お詫び:初出時、「現学生ユーザーが2契約目として契約する場合はホワイト学割を適用できない……」という旨の記述がありましたが、筆者の認識誤りでした。正しくは上記となります。読者の皆様、関係社の皆様に深くお詫びいたします)

 「ケータイ代を支払うためにバイトする……前からどうもおかしいと思っていた。家族に弱かったのをホワイトプランとホワイト家族24で一気に加入率を上げたように、ホワイト学割とコンテンツ学割クラブの開始で“学生に弱かった”を脱却し、学生累計シェア(=数年後の有望ユーザー)を上げたい」(孫社長)

 例年、新規契約者増が見込める春の新生活商戦。近日発表するとみられる2008年春モデルを含めて、同社は学生ユーザーも取り込んで、いっそうの契約者増を画策している。

引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
スポンサーサイト
 ソフトバンクモバイルは、ステンレスボディを採用し、ワンセグやGPSに対応した東芝製の3G端末「912T」を11日に発売する。
912T

 「912T」は、HSDPAやワンセグ、GPSに対応し、おサイフケータイをサポートする2軸ヒンジ採用の折りたたみ型端末。ディスプレイ上部には「タッチスイッチ」を内蔵しており、ワンセグのチャンネル操作などが行なえる。

 ディスプレイは、光の乱反射を抑え屋外での見やすさに配慮したタイプで、サイズは2.8インチのワイドQVGA(240×400ドット)。カメラはオートフォーカス対応の3.2メガピクセルカメラで、「美肌カメラ」機能や「手ぶれ軽減」機能などを搭載している。Bluetooth機能では、ワンセグの音声を聞くことも可能になっている。外部メモリはmicroSDカード。

 国際ローミングには対応せず、国内での利用のみ可能。大きさは約50×104×17mmで、重さは約136g。静止時の連続待受時間は約350 時間、連続通話時間は約160分。ワンセグの連続視聴時間は3時間25分。ボディカラーはシルバー、グリーン、シャンパン、プラム、ホワイト、ブルー、ブラックの7色。

912T

引用元:ケータイWatch
最新!ケータイ情報ランキングへ
ソフト>バンクから、らくらくホンに対抗するデカ文字<ケータイ「GENT 812SH s」が7月21日に発売になります。
ドコモからのユーザ獲得につながるでしょか?

---------------------------------------------------------------

 「GENT 812SH s」は、PANTONEケータイ「812SH」をベースに、使いやすさにフォーカスしたシャープ製折りたたみ型端末。7月下旬以降に発売される予定。

 ベースはPANTONEケータイながら、PANTONEケータイではない「GENT 812SH s」。ハードウェアは「812SH」と同等だが、ボタン部にプリントされた文字の表示が大きくなっており、「clear」ボタンも「戻る」と表記されるなど、熟年層でも使いやすいような配慮がなされている。なお、「GENT 812SH s」の最後の文字「s」は、スタイリッシュやシンプル、シニアなど複数の意味が込められているという。

 端末の初回起動時に、大きな文字で表示する「でか文字」機能や、通常メニューよりも簡素化された「シンプルメニュー」が選択できるようになっている。新着メールをサブディスプレイに3行だけ表示する「メール即読機能」などが搭載されるが、今回展示されていたのはモックアップのみだった。

 メインディスプレイは、2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶、サブディスプレイは0.8インチの有機ELを搭載する。カメラ機能は200万画素CMOSをメインに、サブカメラは11万画素CMOSとなる。2GBタイプまでのmicroSDカードスロットに対応する。

 PCサイトブラウザやおサイフケータイに対応し、Bluetoothや赤外線通信機能もサポートする。GSM方式は900/1800/1900MHzに対応し、国際ローミングも利用可能。ボタンは押下しやすいアークリッジキーが採用される(812SHと同じ)。

 大きさは49×97×17.6mmで、重さは約105g。連続待受時間は約330時間、連続通話時間は約150分(いずれもW-CDMA網利用時)。ボディカラーはディープグリーン、ナチュラルブラウン、マットシルバー、ウォームピンクの4色。

GENT 812SH s


引用元:ケータイWatch
最新!ケータイ情報ランキングへ
814T


国内初のチタンボディを持つソフトバンクモバイル端末「814T」の販売が始まった。新スーパーボーナス契約で購入する場合の、実質総負担額は1万1520円から。

国内初のチタンボディ携帯「814T」。カラーはチタンシルバー、ブルーグレイ、ローズピンク、ネイビー、ブラウンの4色 ソフトバンクモバイルの東芝製端末「814T」が発売された。新スーパーボーナスを利用した新規契約時の端末価格は6万4320円(ITmedia調べ、以下同)。新スーパーボーナス特別割引による毎月2200円×24回の割り引きを適用すると、実質負担額は1万1520円になる(月額利用料金が2200円/月以上の場合)。

 同じく新スーパーボーナスを利用した機種変更の場合、3カ月以上1年未満での実質負担額は4万2720円、1年以上1年6カ月未満では3万5520円、1年6カ月以上2年未満では2万3520円、2年以上では1万8720円となる。

 新スーパーボーナス未加入の場合の端末価格は、新規契約が2万1840円、3カ月以上1年未満が5万400円、1年以上1年6カ月未満が4万3050円、1年6カ月以上2年未満で3万1500円、2年以上は2万6250円だった。

 814Tは、日本で初めてボディにチタンを採用した3G端末。チタンの強さと軽さにより、厚さ12.9ミリ(最薄部)/重さ約97グラムという、スリムで軽いボディとなっている。またボディには、チタンが持つ金属の素材感も生かされている。メインディスプレイに、約2.4インチ(240×400ピクセル表示)クリアスクリーン液晶を採用。有効約200万画素のAF付きCMOSカメラやS!FeliCa、PCサイトブラウザなどの機能も搭載する。

 そのほか、東芝端末で人気の機能、3D待受キャラ「くーまん」とくーまんの部屋を内蔵するほか、ソフトバンクモバイルのサービスとして、Yahoo!mocoa、S!タウン、S!アドレスブック、S!キャスト、ライブモニター、サークルトーク、ホットステータス、アレンジメール、フィーリングメール、レコメール、画面デコ、顔認証機能などに対応する。

引用元:ITMedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
 ソフトバンクモバイルは、シャープ製折りたたみ型端末「GENT 812SH s」を7月21日に発売する。

 「812SH s」は、PANTONEケータイ「812SH」がベースのシャープ製折りたたみ型端末。ハード、ソフトともに基本的には「812SH」と同等だが、「clear」ボタンは「戻る」と表記され、大きな文字表示が可能な「でか文字メニュー」に対応するなど、従来よりも高い年齢層のユーザーをターゲットにしている。

 メインディスプレイは、2.4インチ、QVGA、26万色表示のTFT液晶、サブディスプレイは0.8インチの有機ELを搭載する。カメラ機能は200万画素CMOSをメインに、サブカメラは11万画素CMOSとなる。2GBタイプまでのmicroSDカードスロットに対応する。ボタン部は、「812SH」と同様に押下しやすいアークリッジキーが採用される。

 PCサイトブラウザやおサイフケータイに対応し、Bluetoothや赤外線通信機能もサポートする。W-CDMA方式だけでなく、海外ではGSM方式(900/1800/1900MHz)でも利用できる。

 大きさは49×97×17.6mmで、重さは約105g。連続待受時間は約330時間、連続通話時間は約150分(いずれもW-CDMA網利用時)。ボディカラーはディープグリーン、ナチュラルブラウン、マットシルバー、ウォームピンクの4色。

GENT 812SH s


引用元:ケータイWatch
最新!ケータイ情報ランキングへ
うっとりする“チタン”の手触り、12.9ミリのスリムボディ──「814T」

814T


国内の携帯として初めてボディに“チタン”素材を採用するのが東芝製の「814T」。軽量で強靱なチタンで厚さ12.9ミリの軽量スリムボディを実現し、S!FeliCaやAF付きカメラ、PCサイトブラウザなど、昨今の携帯に求められるトレンド機能も装備する。
 ボディにチタン素材を採用する国内初の端末が東芝製の「814T」だ。チタン素材と、厚さ12.9ミリ/重量97グラムの強靱・薄型・軽量を実現するスリムボディとが相まって、新たな高級感と“オトナ”のイメージを演出する。

ディスプレイは、メインにQVGA(240×320ピクセル)表示対応の2.4インチ液晶、サブディスプレイに0.8インチ液晶を採用。薄型ボディながら、凹凸とクリック感を持たせたシートキーやオートフォーカス機構付きの196万画素CMOSカメラ、S!FeliCa、PCサイトブラウザ、microSDスロットなどを搭載する。

 そのほか、Yahoo!mocoa、3Gお天気アイコン、ライブモニター、S!キャスト、アレンジメール、フィーリングメール、レコメール、S!タウンなどのサービスに対応し、着うたフル再生、顔認証機能、カスタムスクリーン、くーまんなどの機能も備わる。

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×101×12.9ミリ
重さ 約97グラム
連続通話時間 約160分
連続待受時間 約240時間
アウトカメラ 有効約196万画素CMOS、AF付き
インカメラ 有効32万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売、最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.4インチ(240×400ピクセル)クリアスクリーン液晶、26万色表示
サブディスプレイ 約0.8インチ(96×39ピクセル)有機EL(モノクロ)
ボディカラー チタンシルバー、ライトブルー、ローズピンク、ネイビー、ブラウン

引用元:IT Media
最新!ケータイ情報ランキングへ
814T

 ソフトバンクモバイルは、本体上部表面にチタン素材を採用し、高い強度と薄型・軽量を両立した3G端末「SoftBank 814T」(東芝製)を、7月14日から全国で発売する。

 薄さ14mmのボディーには、2.4型(240×320ドット)のメイン液晶に加え、モノクロ表示となるが、0.8型の有機EL(96×39ドット)サブディスプレイを装備。メインカメラには有効196万画素でオートフォーカスに対応したCMOSを搭載。自分撮りやテレビ電話で活用できるサブカメラは有効32万画素のCMOSとなる。

 また、おサイフケータイとして利用できる「S! FeliCa」や、PCサイトブラウザー、「S!タウン」、ライブモニター、3Gお天気アイコン、赤外線通信(IrDA)などにも対応。セキュリティー機能には、顔認証機能や、おサイフケータイを守るICカードロック機能などを備える。外部メモリーにはmicroSDメモリーカードを使用する。

 連続通話時間は約160分で、待受時間は約420時間(静止状態)。本体サイズは幅約50×高さ101×厚さ12.9~14mmで、重量は約 97g。本体色はチタンシルバー、ライトブルー、ローズピンク、ブラウン、ネイビーの計5色が用意されるが、ライトブルーとローズピンクは準備が整い次第、順次発売となる。

引用元:デジタル ARENA
最新!ケータイ情報ランキングへ
以下、ソフトバンクモバイル プレスリリースより

http://broadband.mb.softbank.jp/corporate/release/pdf/20070614_2j.pdf

新機構「フラットスライド」採用「810P」
世界最薄※1スライド式ワンセグケータイ「805SC」
6月16日より全国一斉発売

<SoftBank 810P>
● 新機構「フラットスライド」採用。視認性を高めるキーバックライトも搭載
● 2メガピクセルカメラ、2.4インチQVGA液晶搭載
● 「PCサイトブラウザ※2」「おなじみ操作」「ケータイ書籍」など、ソフトバンク3Gサービスにもしっかり対応
810Pターコイズ


<SoftBank 805SC>
● 世界最薄※1スライド式ワンセグケータイ
● 2メガピクセルカメラ&充実のカメラ機能搭載、ワイヤレスで音楽も楽しめるBluetooth®通信にも対応
● 「3Gハイスピード」※3対応
805SC


※1 2007年6月14日現在、W-CDMA対応のスライド式ワンセグ対応携帯電話において(Samsung電子調べ)。
※2 ウェブサイトによっては正しく表示できない場合があります。また、コンテンツ(着信メロディー、画像、S!アプリなど)はダウンロードできません。
※3 対応エリアは、全国の政令指定都市および主要都市、首都圏/16号線内、東海/名古屋市および周辺の主要都市、静岡市、関西/京阪神
エリアです。その他のエリアでは、自動的にソフトバンク3Gサービスのネットワークに接続します。
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。