FC2ブログ

au 2007秋冬モデル

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
Pantech製の「A1407PT」は、使いやすさに配慮した簡単ケータイ。背面に骨伝導スピーカーを搭載し、騒音のある場所でも通話を聞きとりやすくした。

 骨伝導スピーカーを搭載する韓Pantech & Curitel Communications(Pantech)製の1X端末が「簡単ケータイ A1407PT」。au向け端末として、2005年秋発売の「A1405PT」、2006年秋発売の「A1406PT」に続く3機種目のPantech製端末となる。

A1407PT

 本機は音声を振動として鼓膜以外からも伝える骨伝導スピーカーを背面に搭載したのが大きな特徴。端末を閉じたまま耳の近くに当てることで、うるさい場所でも通話を聞き取りやすいメリットがある。通常のスピーカーによる音声通話も行える。

 ディスプレイはQVGA(240×320ピクセル)表示対応の約2.4インチ液晶で、最大40ドットの大きな文字で表示する「でか文字」に対応。ダイヤルキーやソフトキーは、ドーム形状で大きく押しやすい「でかキー」を採用し、キートップの文字を大きく刻印するなど見やすさと使いやすさに配慮した。

 そのほか、携帯初心者やシニアユーザーにも分かりやすいように、よく使う機能だけを操作画面に表示する「かんたんモード」や、最大3件の電話番号を登録でき、ワンプッシュで電話がかけられる「ワンタッチキー」を搭載。有効135万画素カメラや簡易ライト機能、EZ着うた、赤外線通信機能なども備える。

 主なスペックは以下の通り。

機種名簡単ケータイ A1407PT
サイズ(幅×高さ×厚さ)約51×98×20(最厚部23ミリ)ミリ
重さ約120グラム(暫定)
連続通話時間約200分(暫定)
連続待受時間約300時間(暫定)
カメラ有効135万画素
外部メモリ
メインディスプレイ約2.4インチQVGA(240×320ピクセル)
サブディスプレイ約1.2インチ(96×64ピクセル)
ボディカラーホワイト


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
スポンサーサイト
親切・簡単・安心、東芝製の“フレンドリー”携帯がさらに進化──それが東芝製の「A5529T」。でかキー、でか文字、でか音量など6つの「でか」機能とともに、使いやすさや安心を配慮した機能を厚さ18.4ミリのスリム&ラウンドボディに盛り込んだ。

 暮らしに欠かせないケータイだから“使いやすさ”“優しさ”をより追求──。東芝が得意とする“フレンドリー”をさらに進化させたユニバーサル端末が「A5529T」だ。

A5529T

 A5529Tは6つの“でか”機能を軸に「親切・簡単・安心」の各種機能を盛り込み、丸みを帯びた優しいデザインに仕上げたスリムボディが特徴の1X端末。前機種「A5523T」や「W45T」などに採用した、中央にふくらみがある大型のドームキー「でかキー」や、発着信時、アドレス帳表示、文字入力時に文字を大きく表示する「でか文字」、電波状況やバッテリー残量アイコンを大きく表示する「でかピクト」などが特徴。周囲が騒がしい時や聞こえにくい時に通常より音量を1段階大きく設定できる「でか受話音量」、最大93デシベルの大音量で着信音を鳴らす「でか着信音」、そしてA5523Tより大きくなった2.6インチのメインディスプレイ、かんたんモード、ワンタッチダイヤル機能を搭載する。

 そのほか通話時間やCメール発信件数などを制限し、使いすぎやいたずら電話などを防ぐ設定「制限モード」や「使用量確認機能」、緊急時に最大約98デシベルで鳴らす「大音量ブザー」、GPSによる「安心/災害時ナビ」、機能の使い方を壁紙で解説する「アシスタント壁紙」、ゲーム感覚で脳を鍛えられる待受「漢字クイズ壁紙」などの安心・便利機能も用意する。

機種名A5529T
サイズ(幅×高さ×厚さ)約50×100×18.4ミリ
重さ約109グラム
連続通話時間約190分
連続待受時間約310時間
アウトカメラ有効約130万画素
外部メモリmicroSD
メインディスプレイ約2.6インチQVGA(240×320ピクセル)
サブディスプレイ約0.8インチ(96×39ピクセル)
主な機能・サービスEZ着うた、EZナビウォーク、安心ナビ、災害時ナビ、ケータイ探せて安心サービス、安心ロックサービス、赤外線通信、かんたんモード、でか文字 ほか
ボディカラーブリーズゴールド、カームピンク、ゲイルブラック



引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
京セラ製の「W53K」は、厚さ15.4ミリのスリムな回転2軸ボディにワンセグを搭載するWIN端末。ハーフミラー処理された背面には、有機ELによる多彩なイルミネーションが浮かび上がる。

 京セラ製のスリムワンセグ端末「W53K」は、厚さ15.7ミリの薄型回転2軸ボディに、2.7インチのワイドQVGA(240×400ピクセル)液晶を搭載するWIN端末だ。

W53K

W53K

 折りたたみ型WIN端末では最薄(発表当時)の厚さ15.3ミリを実現した「W44K」のコンセプトを踏襲し、ワンセグ搭載と回転2軸ボディをわずか0.1ミリ厚くしただけで実現。幅は49ミリと女性の手にもなじむサイズに仕上げた。ダイヤルキーには凹凸があり、指先で確認しやすいフレームレスキーを用い、3件の電話番号を登録できるワンタッチダイヤル機能も備えるなど、使いやすさにも配慮している。

 また、大きく見やすい「でか文字」表示機能や辞書機能、日本語入力環境を強化した「Advances Wnn V2 EX Pro」を搭載。メールを受信するとその内容を感情アイコンで表すエモーションメールや、メールをやりとりする相手との親密度を示すペアバロメーターなど、コミュニケーション機能も充実する。

 ワンセグはディスプレイを表向きにして閉じるだけで容易に起動できる仕組みを設けるほか、番組表からの予約録画にも対応する。カメラはAF付きの有効197万画素CMOSで、外部メモリにはmicroSDを採用した。

 対応するサービスは、EZ着うた/着うたフル、EZナビウォーク、安心/災害時ナビ、EZニュースフラッシュ、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤーなど。

 主なスペックは以下の通り。

機種名W53K
サイズ(幅×高さ×厚さ)49×106×15.4(最厚部約18.9)ミリ
重さ約130グラム
連続通話時間約250分
連続待受時間約300時間
カメラAF付き有効197万画素CMOS
外部メモリmicroSD
メインディスプレイ約2.7インチワイドQVGA(240×400ピクセル)
サブディスプレイ約0.76インチ(96×39ピクセル) 白色有機EL
主な機能EZ着うた/着うたフル、EZナビウォーク、安心/災害時ナビ、EZニュースフラッシュ、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー ほか
ボディカラーパッショネイトレッド、ルミナスシルバー、シャンパンピンク


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
10ミリを切る極薄WIN端末として登場するのが東芝製の「W55T」。クレジットカードサイズのボディは背面がステンレスパネルで覆われ、ヘアライン加工や鏡面処理を施して金属の高級感を演出した。

 必要な機能だけをクレジットカードサイズのボディに――。こんなコンセプトから生まれたのが、厚さ9.9ミリのスリムケータイ「W55T」。ボディカラーはゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの3色をラインアップする。

W55T

 10ミリを切る薄型ボディの背面は、クレジットカードとほぼ同じサイズのステンレスパネルで覆われ、ヘアライン加工や鏡面処理を施すことで、金属の高級感を演出している。また背面には7×7ドットの高輝度赤色LEDを搭載。時刻やメール/通話の着信を伝えるほか、端末を閉じた時にさまざまなアニメーションを表示する。アニメーションデータは新たなパターンをダウンロードして設定することも可能だ。

 極薄ボディの中には、ビジネスやプライベートで必要な機能を無駄なく搭載。PCサイトビューアー、EZニュースフラッシュ、EZナビウォーク、グローバルエキスパートに対応し、メインディスプレイは屋外利用時に光の乱反射を抑えて視認性を高める2.4インチのクリアスクリーン液晶(QVGA)を搭載。デコレーションメールや絵しゃべりメール、ラッピングメールなどのコミュニケーションを楽しむ機能も装備した。なお、ワンセグやおサイフケータイ、デジタルラジオには非対応となる。

機種名W55T
サイズ(幅×高さ×厚さ)約54×99×9.9ミリ(最厚部13.1ミリ)(暫定)
重さ約104グラム(暫定)
連続通話時間約220分(暫定)
連続待受時間約270時間(暫定)
カメラ有効196万画素カメラ
外部メモリmicroSD(別売り)
メインディスプレイ2.4インチワイドQVGA(240×400ピクセル)
サブディスプレイ7×7ドットLED
ボディカラーゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード
主な機能LISMOビデオクリップ、EZ着うたフル、EZ・FM、EZナビウォーク、安心ナビ、災害時ナビ、EZニュースフラッシュ、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、au one My Page、グローバルエキスパート、赤外線通信、オープンアプリプレイヤー


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
日立製作所製のワンセグ端末が、Woooの高画質化技術に加え、Woooのデザインをまとって登場する。2.8インチワイドQVGAの有機ELディスプレイと相まって、美しいワンセグ映像を実現した。画像処理エンジンは「Picture Master for Mobile」だ。

 日立製作所製のワンセグ端末「Woooケータイ W53H」は、同社のワンセグ端末としては初めて薄型テレビ“Wooo”のブランドを冠した端末となる。「W52H」にも採用されていた、ヒストグラム伸長型ガンマ補正、画面輝度対応イコライジング補正、彩度補正、光センサー連動ガンマ補正といった高画質化機能を実現するPicture Master for Mobileを、新開発の2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)有機ELディスプレイと組み合わせて利用する。

W53H

 デザインは薄型テレビWoooと共通の“Cutting Edge Design”を採用し、エッジを効かせた形状になっているのが特徴だ。ワンセグアンテナは本体に内蔵しており、ホイップアンテナを伸ばさなくてもワンセグが視聴できる。またワンセグはディスプレイを回転させるだけで起動する「クイックTV起動」機能も用意した。また、ディスプレイをワンセグが視聴しやすい角度で固定する機能や、バックグラウンド録画も可能な録画予約機能、外部メモリ録画機能、タイムシフト機能なども装備する。

 ボディの厚さは最薄部で14.2ミリに抑えられ、従来の日立製作所製ワンセグ端末よりもぐっと薄くなっている。ボディカラーはジャパンブラック、ノルディックホワイト、ユーロパープルの3色。ユーロパープルには、2006年秋冬モデル「W43H」に採用され人気を博した、見る角度によって色合いが変わる“マジョーラカラー”を採用する。

 ワンセグに加えてEZ FeliCaやPCサイトビューアーなど、高機能端末に必須の機能も標準装備。外部メモリはmicroSDが利用可能で、カメラは有効197万画素CMOSとなっている。

機種名Woooケータイ W53H
サイズ(幅×高さ×厚さ)約51×107×14.2(最厚部約18.8ミリ)ミリ(暫定)
重さ約131グラム(暫定)
連続通話時間約250分(暫定)
連続待受時間約360時間(暫定)
カメラ有効197万画素
外部メモリmicroSD
メインディスプレイ約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)有機EL
サブディスプレイ
主な機能災害時ナビ、EZ FeliCa、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、赤外線通信、オープンアプリプレイヤー
ボディカラージャパンブラック、ノルディックホワイト、ユーロパープル


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
漆器の小箱をイメージしたボディに詰め込んだのは、ワンセグ、FeliCa、デジタルラジオ、Bluetooth、テレビ電話、au one ガジェット、進化したLISMO、3インチワイドVGA液晶、318万画素カメラといった最先端機能の数々――。それが三洋電機製の「W54SA」だ。ダイヤルキー部をPCのタッチパッドのように使えるスムースタッチも搭載する。

 外見は落ち着いた和のテイスト、中には最先端機能を搭載――。これが三洋電機製のハイエンドWIN端末「W54SA」だ。デザインは、大切なものを入れておく漆器の小箱をイメージしており、彫刻刀で彫り込んだような側面のライン、紋様を模したフロントキーで“和のテイスト”を演出する。

W54SA
W54SAW54SA

 ディスプレイには、ワイドVGA対応の3インチIPS液晶を採用。480×800ピクセルの高解像度ディスプレイが、ワンセグを視聴しながら各種機能を利用する「マルチプレイウィンドウ」や、待受画面上に任意の機能をレイアウトする「au one ガジェット」利用時の利便性を高めるという。

 EZ FeliCa、デジタルラジオ、ワンセグ、PCサイトビューアー、Bluetooth、AF対応の318万画素カメラなどのトレンド機能に加え、冬モデル向け新機能のau one ガジェットや「LISMO オーディオ機器連携」に対応。音楽は着うたフルとSD-Audio、PC用音楽配信サイト「mora」からダウンロードした楽曲を聴くことができる。EV-DO Rev.Aへの対応により、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsの高速通信を利用可能。新たにテレビ電話にも対応した。

 インタフェース面では「W42SA」で初搭載した、ダイヤルキー部分をPCのタッチパッドのようになぞって使える「スムースタッチ」を採用。EZwebやPCサイトビューアー、メールの閲覧時、アドレス帳検索時などのスクロールを指でなぞって行える。またダイヤルキー部を手書き入力エリアに見立てて、漢字やひらがな、カタカナ、英数字を手書きで入力することも可能だ。

機種名W54SA
サイズ(幅×高さ×厚さ)約50×109×18.9ミリ(暫定)
重さ約144グラム(暫定)
連続通話時間検討中
連続待受時間検討中
カメラAF付き有効318万画素CMOS(手ブレ補正対応)
外部メモリmicroSD(別売り)
メインディスプレイ約3インチワイドVGA(480×800ピクセル)
サブディスプレイ
主な機能赤外線(IrSimple)、Bluetooth、LISMOビデオクリップ、EZ着うたフル、EZテレビ(ワンセグ)、デジタルラジオ、EZ・FM、EZナビウォーク、災害時ナビ、EZ FeliCa、EZニュースフラッシュ、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、au one My Page、グローバルエキスパート、オープンアプリプレイヤー
ボディカラー山吹、黒紅梅、白雪


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
ソニー・エリクソン製の「W54S」は、「au×Sony MUSIC PROJECT」のLISMOオーディオ機器連携に対応する音楽ケータイ。有機ELディスプレイを採用し、大容量メモリとBluetoothの搭載で多彩に音楽を楽しめる。

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のau端末「W54S」は、KDDとソニーの共同プロジェクト「au×Sony MUSIC PROJECT」が生み出したLISMOのオーディオ機器連携に対応し、エレガントなフォルムに音楽と映像を楽しむための機能を詰め込んだハイエンド端末だ。

W54S

 ボディは、光沢のあるシルバーフレームと表面のツヤ感がエレガントさを持つ折りたたみ型。上り最大1.8Mbps/下り最大3.1Mbpsの高速通信を利用できる「EV-DO Rev.A」に対応し、新たにテレビ電話サービスが利用できるようになった。

 また、従来の「au Music Port」に音楽管理ソフト“Sonic Stage”機能を統合した「LISMO Port」に対応し、端末でダウンロードした着うたフルをPC経由でウォークマンに転送できるほか、PC向け音楽配信サイト「mora」との連携で70万曲以上のラインアップから欲しい曲をダウンロード可能になった。加えて、ソニー製のHDDコンポ「ネットジューク」でも着うたフルを楽しめるほか、楽曲のバックアップや「Any Music」で購入した音楽を端末に転送するなど、携帯電話を中心にしたさまざまな生活シーンで、音楽を楽しめる。

 内蔵メモリは約800Mバイト(暫定値)と大容量で、AVプロファイル対応のBluetooth機能も搭載。外部メモリにはmicroSDを採用する。

 メインディスプレイは、ワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の約2.8インチ有機ELで、ワンセグやLISMOビデオクリップなどを鮮やかに表示可能。ワンセグを見ながらメールを表示するといった、2つの機能を同時に表示する「マルチプレイウィンドウ」に対応する。

 また、au one メールやau one GREEなどの最新情報や各種ツール類を待受画面に表示する「au one ガジェット」を新たに搭載。そのほかEZ FeliCaやオープンアプリプレイヤー、PCサイトビューアー、EZ ナビウォーク、SD-Audio再生などに対応する。

機種名W54S
サイズ(幅×高さ×厚さ)約50×106×17.8ミリ
重さ約145グラム(暫定)
連続通話時間検討中
連続待受時間検討中
カメラAF付き有効324万画素
外部メモリmicroSD
メインディスプレイ約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル) 有機EL
サブディスプレイ7×7ドット LED
主な機能ワンセグ、着うたフル、LISMOビデオクリップ、EZ FeliCa、Bluetooth、PCサイトビューアーほか
ボディカラーフランボワーズレッド、ベルベットブラック、アクアブルー


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
東芝製のハイエンド端末「W56T」は、ワンセグ+Bluetooth+大容量内蔵メモリなどの特徴を前機種から引き継ぎつつ、新たに360度ディスプレイが回転する「リバーシブルスタイル」や2.8インチワイドの有機ELディスプレイなどを採用し、高速通信が可能なEV-DO Rev.A対応端末として登場する。

 2.8インチワイドの有機ELにEV-DO Rev.A、ワンセグ、Bluetooth、大容量内蔵メモリ──。2007年はau向けに“ほぼ全部入り”端末を多く投入する東芝は、今回の秋冬向けモデルにも期待通りのハイエンドモデル「W56T」を投入する。

W56T

W56T

 W56Tは「リバーシブルスタイル」と呼ぶ、ディスプレイが360度裏返るスタイルを採用した。同社はボーダフォン(当時)向けのアナログTVチューナー搭載端末「V604T」などにもこのスタイルを採用したが、本端末はディスプレイ部が非常に薄いために当時のような分厚い印象は皆無。厚さ17.8ミリのスリムボディを実現する。

 そのスリムボディの実現に一役買うのが、2007年春モデル「MEDIA SKIN」や9月26日に発表した「INFOBAR 2」に続く採用となる有機ELディスプレイ。INFOBAR 2よりひと回り大きい2.8インチワイドパネル(ワイドQVGA)を採用し、ワンセグや映像コンテンツを色鮮やかに表示するという。映像は東芝の液晶テレビ「REGZA」シリーズで培ったチューニングが施され、青い空、山の深緑、肌色など、人が記憶の中で思い出すような色にする「記憶色補正」やファイン/シネマといった番組に応じた画質に設定できる機能を搭載。回転動作と連動してワンセグを起動する仕掛けや最大15時間録画、録画予約、タイムシフト再生機能なども設ける。

 今回auのサービスで大きく強化されたLISMOのオーディオ機器連携機能にも対応する。ソニー製携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン」や家庭用HDDコンポ「ネットジューク」と連携した相互転送や再生、PC向け音楽配信サイトで購入した楽曲が扱えるほか、約800Mバイトの内蔵メモリやAVプロファイル対応のBluetoothも搭載。ワイヤレス出力は音楽のほか、ワンセグ、FMラジオ、LISMOビデオクリップなどの音声出力などに対応する。

 そのほか2006年秋冬モデルの「W47T」「DRAPE」以来となる、高速通信規格のEV-DO Rev.Aに対応。下り3.1Mbps/上り1.8Mbpsで通信でき、テレビ電話機能も搭載する。日本語入力システムは今までのMobile Rupoから「ATOK for au+APOT」に刷新された。

機種名W56T
サイズ(幅×高さ×厚さ)約50×106×17.8ミリ(暫定)
重さ約145グラム(暫定)
連続通話時間(検討中)
連続待受時間(検討中)
アウトカメラ有効約324万画素AF
外部メモリmicroSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ約2.8インチ(240×400ピクセル)有機EL、26万色
サブディスプレイ7×7ドットLED
主な対応サービス・機能EZテレビ(ワンセグ)、デジタルラジオ、EZ・FM、EZ FeliCa、Bluetooth、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー、赤外線通信(IrSimple) ほか
ボディカラーハイウェイオレンジ、チャイナホワイト、ユニバースブラック


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
KDDIがau冬商戦向けモデル8機種を発表した。うち3機種が有機ELディスプレイ、5機種がワンセグ、3機種がRev.Aに対応。“Wooo”ケータイや“和風”ケータイ、音楽機能拡張モデル、骨伝導スピーカー搭載モデルなどを個性的なモデルも投入する。発売は11月中旬以降から。

 KDDIは10月16日、2007年冬商戦向け新モデル8機種を発表した。

 8機種のうち3機種で、世界初(2007年10月現在)となる2.8インチワイドの有機ELディスプレイを採用し、3機種がRev.Aとオーディオ連携機能、5機種がワンセグに対応。ハイビジョンテレビ“Wooo”ブランドを冠する「Woooケータイ」や厚さ9.9ミリの極薄“CARD SIZE”モデル、漆塗りの箱をイメージした“和風”ケータイ、親切・簡単・安心機能が特徴の1X端末など個性的なモデルをラインアップする。発売は2007年11月中旬以降から。

ge_au_2007w.jpg

ym_au.jpg

 今回の新モデルは、au携帯の統合プラットフォーム「KCP」(KDDI Common Platform)を刷新した「KCP+」を3機種に採用。また、ソニーと連携した総合音楽サービス「LISMO」の拡張(LISMOオーディオ機器連携)、最新情報や各種ツールへのアクセスを容易にする「au one ガジェット」などの新サービスを展開する。

 ソニーと連携する「au×Sony MUSIC PROJECT」の実現は今回の新サービスにおけるポイントの1つ。携帯で購入した着うたフルデータをソニーの携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」やミニコンポ「ネットジューク」に転送して再生できるようにするとともに、PC向け音楽配信サイト「mora」や家庭用コンポ向け音楽配信サービス「Any Music」でダウンロード購入した楽曲もau携帯で転送・再生が可能になり、音楽機能・サービスが大きく拡張された。

 そのほか、2007年春モデル「MEDIA SKIN」や9月26日に発表した「INFOBAR 2」に採用した有機ELディスプレイ搭載端末を今回、さらに3機種追加。サムスンSDIと共同でau携帯専用に開発したワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の2.8インチワイド有機ELディスプレイを東芝製の「W56T」、ソニー・エリクソン製の「W54S」、日立製作所製の「Woooケータイ W53H」に採用する。Woooケータイ W53Hは、日立製作所の映像機器ブランド“Wooo”を冠するワンセグ&映像端末。auのWIN端末で最薄、厚さ9.9ミリの“CARD SIZE SLIM”端末「W55T」、骨伝導スピーカーを内蔵する「簡単ケータイ A1407PT」など、幅広いユーザー層に向けた機種を用意する。

 厚さ9.9ミリの極薄モデル W55Tには専用カラー“PREMIUM CARD”を採用したWeb限定版「W55T premium version」も用意する。ボディ上面に艶やかな鏡面加工を施したステンレスパネルを採用し、パネルに好みのメッセージを刻印/非売品本革ケースが付属する購入者特典を設けるという。限定数は3000台、販売は特設販売サイトのみ(販売に関する詳細は11月下旬頃に告知予定)。

機種名主な特徴
W56T有機EL搭載のエンタテインメントハイエンド。360度回転リバーシブルスタイル、厚さ17.8ミリ、2.8インチ有機EL(ワイドQVGA)、Rev.A、ワンセグ/デジタルラジオ、マルチプレイウィンドウLISMOオーディオ機器連携対応、Bluetooth、800Mバイト内蔵メモリ、au one ガジェット対応、324万画素AFカメラ、microSD、GPS、PCサイトビューアー、EZ FeliCa
W54SエレガントなフォルムのAVハイエンド。光沢フレーム折りたたみ、厚さ18.8ミリ、2.8インチ有機EL(ワイドQVGA)、Rev.A、ワンセグ、マルチプレイウィンドウ、LISMOオーディオ機器連携対応、Bluetooth、800Mバイト内蔵メモリ、au one ガジェット対応、324万画素AFカメラ、microSD、GPS、PCサイトビューアー、EZ FeliCa
W54SA漆器の箱のような“和風”テイスト。スムースタッチ搭載折りたたみ、厚さ18.9ミリ、3インチ液晶(ワイドVGA/480×800ピクセル)、Rev.A、ワンセグ/デジタルラジオ、LISMOオーディオ機器連携対応、Bluetooth、318万画素AFカメラ、microSD、IrSimple、GPS、PCサイト/ドキュメントビューアー、EZ FeliCa
Woooケータイ W53H“Wooo”ブランドを冠した映像ケータイ。Woooと共通デザインの“Cutting Edge Design”、厚さ14.2ミリ、2.8インチ有機EL(ワイドQVGA)、ワンセグ(アンテナ内蔵/クイックTV機能)、197万画素カメラ、microSD、GPS、PCサイトビューアー、マジョーラカラーあり
W55T“CARD SIZE”の極薄ケータイ。折りたたみ、厚さ9.9ミリ(最薄部)、2.4インチクリアスクリーン液晶、7×7ドットLEDサブディスプレイ、196万画素カメラ、microSD、GPS、みんなのGOLFモバイルプリインストール、PCサイト/ドキュメントビューアー
W53K厚さ15.4ミリのスリムカジュアルワンセグ。回転2軸、厚さ15.4ミリ、2.7インチ液晶(ワイドQVGA)、ワンセグ(一発起動機能付き)、197万画素AFカメラ、microSD、ワンタッチダイヤル、ハーフミラー処理のイルミ表示、PCサイトビューアー、エモーションメール/ペアバロメーター機能
A5529T6つの“でか”搭載のユニバーサルケータイ。折りたたみ、厚さ19.4ミリ、2.6インチ液晶(QVGA)、0.6インチサブディスプレイ(96×39ピクセル)、130万画素カメラ、microSD、でか文字/でかピクト、かんたんモード、ワンタッチダイヤル、使用量制限モード、ブザー機能
簡単ケータイ A1407PT骨伝導スピーカー搭載の簡単ケータイ。折りたたみ、厚さ20ミリ、2.4インチ液晶(QVGA)、1.2インチサブディスプレイ(96×64ピクセル)、135万画素カメラ、骨伝導スピーカー、でかキー/でか文字、かんたんモード、ワンタッチキー、防犯ブザー


引用元:ITmedia
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。