au W53T 回転2軸薄型ワンセグ

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
「W53T」は、回転2軸ヒンジ機構を採用したワンセグ対応のCDMA 1X WIN端末。ディスプレイを露出したまま折りたたむと、ワンセグ機能が起動する。microSDカードへの録画(2GBで約10時間)や、予約録画、録画中の通話・メール着信が利用できる。

 メインディスプレイは、約2.8インチ、240×400ドットで、サブディスプレイは約0.8インチ、39×96ドット。東芝のノートパソコン(Qosmio)や液晶テレビ(REGZA)の高画質技術を活かしたチューニングが施されている。

 ワンセグのほか、LISMO、着うたフル、EZナビウォーク、おサイフケータイ(EZ FeliCa、モバイルSuica対応)、EZニュースフラッシュ、デコレーションメール、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー、PCドキュメントビューアー、ボイスレコーダー、赤外線通信などが利用できるほか、新サービスのラッピングメール、Touch Message、災害時ナビに対応している。同時に発表されたW54Tと比べると、デジタルラジオやBluetoothは非対応で、画面のサイズと解像度が異なる。

 大きさは約49×104×18mm(最厚部約20mm)、重さは約135g。連続待受時間は約270時間、連続通話時間は約240分。オートフォーカス付き196万画素カメラや、microSDカードスロットを装備する。ボディカラーは、ピンクサファイア、ブルートパーズ、ブラックダイヤモンドの3色。

 発売日は、四国・九州・沖縄が6月14日、北海道・東北・関西・中国が6月15日、北陸・関東・中部が6月16日となっている。

W53T


引用元:ケータイWatch
最新!ケータイ情報ランキングへ
スポンサーサイト
auは12日、ワンセグ対応の東芝製携帯電話「W53T」におけるヒンジ部の不具合への対応として、auショップなどでの無償交換を同日より開始すると発表した。

 不具合は、6月27日に発表されたもので、開閉を繰り返し行なうことで、ヒンジ部分が緩んでしまい、閉じた状態や開けた状態が維持できなくなるというもの。ワンセグ視聴や、通話/通信機能、カメラなど、ヒンジ以外の機能については問題ない。

 無償交換はauショップ及び「PiPit」(一部店舗を除く)で行なわれ、交換の実施期間は7月12日~9月30日。10月1日以降は、製品を預けての修理対応となる。なお、無償交換や修理の際には、本体内のFeliCaチップ内に書き込まれているデータをクリアする必要があるため、事前にユーザー自身でバリューやポイントなどの退避等の処理を行なうことを求めている。

 また、不具合により一時停止していた販売の再開については14日より順次開始。開始日は地域によって異なり、北海道/中国が14日、東北/四国/沖縄が20日、北陸/関東/中部/関西/九州は21日からとなる。

引用元:AV Watch
最新!ケータイ情報ランキングへ
以下、auニュースリリースより
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/0614a/besshi.html

au携帯電話の新ラインナップ「W53T」の販売開始について

● W53T
~さりげない光が知性と美しさを醸し出す。 メール機能も充実のスリムワンセグケータイ~

「ワンセグ」や「LISMO」のビデオクリップを約2.8インチワイドQVGA液晶搭載のスリム&コンパクトボディで楽しむ
約18.0mmのスリム&コンパクトな回転2軸ボディに、約2.8インチワイドQVGA液晶を搭載。東芝AVノートPC「Qosmio」や液晶テレビ「REGZA」の高画質技術を活かし、青い空や山々の深緑、肌の色など人間が記憶の中で思い起こす「記憶色」に基づいたチューニングを実現。さらに表面の強化ガラスと液晶パネルを密着させることで光の乱反射を押さえ、自然光の下でも見やすいクリアスクリーンを採用しています。また、液晶面を回転させて閉じるだけで、「ワンセグ」が起動します。

※ 「Qosmio」「REGZA」は株式会社東芝の登録商標です。

光の演出と知性を感じさせる美しいデザイン
薄さを強調した形状は、バッグやポケットなどに入りやすいように先端を絞り込んだ楔 (くさび) 形。「知性を感じさせる美しい箱」をデザインコンセプトに、シンプルでありながら存在感のあるフォルムに仕上げました。また女性にも持ちやすく手になじみやすいサイズになっています。ハーフミラー処理を施した背面のインフォメーションウィンドウは、音声着信/メール受信を7色の光と文字で美しく演出します。

「デコレーションメール」、「ラッピングメール」、「Touch Message」などコミュニケーション機能が満載
表現力がアップした「デコレーションメール」、メール開封前に気持ちを伝える「ラッピングメール」や簡単にメッセージなどの交換が可能な「Touch Message」をはじめ、メールのフレーズや絵文字に反応して動くアニメーションがメール画面の背景に表示される「3Dメール」などコミュニケーション機能が満載。

録画予約や長時間録画など「ワンセグ」を使いやすくする機能が満載
「ワンセグ」は本体メモリや外部メモリに録画可能。充電しながらであれば、2GBのmicroSDメモリーカードに約10時間録画することができます。録画予約も可能で、録画中の通話やメールの着信にも対応しています。

「EZ Felica」対応、電子辞書「辞スパ」、ボイスレコーダーなど便利機能も充実
東日本旅客鉄道株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 清野 智)の「モバイルSuica」にも対応しています。

※ 「辞スパ」は株式会社学習研究社の登録商標です。

最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。