ケータイ小話

ケータイ情報Watch

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報、携帯動画、ストラップ、ケイタイ小説のランキングとニュースをピックアップ!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新!ケータイ情報ランキングへ
12/18のニコニコ動画-開発ニュースで、ソフトバンクモバイル機種でニコニコ動画を見えるようにした「ニコニコバンク」について触れていました。

(ソフトバンク対応、技術的に可能な事がバレる)
http://it-ura.seesaa.net/article/73539959.html

もともとニコニコ動画はNTTDoCoMoとauのケータイから動画を見ることはできましたが、ソフトバンクモバイルだけは対象外になっていました。

それを今回、外の人(saitenさん)が現行アーキテクチャを解析して、ソフトバンクモバイルでも使えるようにしてしまったというワケです。

開発ニュースでは、ドワンゴの杉谷さんから次のようなメッセージが寄せられていました。

『過去、ソフトバンク向けにパケラジもやっており、アプリを使って技術的に対応可能である事は分かっていましたが、大人の事情によりサービスができず、悔しい気持ちを必死に抑え「技術的に不可能」という案内をしてきました。(後略)』

この発言で登場する「大人の事情」という言葉、何だか気なりますよね。そこで私なりに色々と調べ、次のような結論にたどり着きました。



ドコモやauと異なるソフトバンクモバイルの特殊要件なぜソフトバンクモバイルだけがニコニコ動画の対象外になっているのかを考える場合、このキャリアの特殊事情を考えることで自ずと理由が見えてくるのではないかと考えました。

そこでいくつかブレストしてみると、あるではないですか、ソフトバンクモバイルにしかない特殊な点が!

それは、ズバリ「ホワイトプラン」です。

ホワイトプランでは、深夜1時~夜21時までは通話料無料になり、この時間帯の通信帯域はかなり消費することが予想されます。

記憶力の良い方は覚えているかもしれませんが、かつてホワイトプランを発表した当初、孫社長は、

「このプランは業界3位で利用者が少ないからできるんですよ」

と述べていました。言い換えると、ドコモやauのように利用者が多い状況ではホワイトプランは成り立たない(すぐに帯域が逼迫する)ということです。

もうちょっと言い方を変えると、大量のトラフィック(パケット)が流れるようになったら、ホワイトプランは破綻するということです。

翻って、ニコニコ動画というサービスの特性を考えてみてください。

動画を閲覧するために、大量のパケットがネットワークを流れ、しかもその量は過去最大級(ニコニコ動画モバイルの利用者増はPC版以上)に達しようかという勢いです。

こんなサービスを許可してしまったら、ネットワーク通信増による収益増加は期待できるかもしれませんが、あっという間に帯域はパンク状態になり、顧客満足度はガタ落ちです。そうなったら、ソフトバンクモバイルは本当に終わってしまいます。



ここまでは私の勝手な推論ですが、あながち外れていないないのではないかと思っています。

というのも、実は今年の11月、ソフトバンクモバイルの公式メニューに動画視聴ができるjigブラウザが追加されたのですけど、その使用条件には次のような文章が書かれているのです。

『現状では、公式サイトであることとトラフィックの多い動画対応のフルブラウザということもあり、料金やユーザーの便宜を考えて帯域や使用時間の制限がかけられているが、jig側は、運用しながら適宜制限を緩和させていきたいとしている。』

(ソフトバンクモバイル公式メニューに「jigブラウザ」提供開始)
 → http://it-ura.seesaa.net/article/73540945.html

ソフトバンクモバイルが動画によるトラフィック増を気にしていることがよく分かる記述だと思いませんか?



ニコニコ動画の開発ニュースでは、ソフトバンクの大人の事情によって公式にサービスを提供することはできないと言われていますが、その事情とは、まさしくこれまでに語った内容に相違ないでしょう。

正式サービスには大人の事情をクリアしなければならないと書かれていますが、jigブラウザのように帯域や使用時間の制限をかけるなら、暫定運用が認められるかもしれませんね。

ドワンゴの皆様。まずはそのラインを落しどころに、ソフトバンクモバイルと交渉してみては如何でしょうか?
最新!ケータイ情報ランキングへ
スポンサーサイト
MMD研究所が「携帯電話の留守番電話サービスに関する利用動向調査」の結果を発表。サービスの利用率や伝言を残す割合は世代によって異なる傾向がある。

 MMD研究所は9月6日、「携帯電話の留守番電話サービスに関する利用動向調査」の結果を発表した。調査はストラテイションが運営する無料ホームページ作成サービス「00HPメイカー」、ビジュアルワークスの「フォレストページ」など、計18社、モバイル20サイトの協力を受け、2007年8月24日から同26日まで実施したもので、有効回答数は6586人。

 同調査によれば、留守番電話サービスを利用している人は、男性では62.8%、女性では52.5%。年代別では、男女ともに年代を追うごとに利用者の割合が高くなる傾向が見られた。

 留守番電話サービスを利用している理由は、「特に理由はない」が49.1%で最多となり、以下「端末購入時に加入したから」が27.8%、「仕事で必要だから」が21.6%と続いた。これに対して、利用しない理由は「伝言メモで十分だから」が52.1%と最も多く、次いで「特に理由はない」が38.1%、「利用料金」が27.8%となった。

 電話をかけた際に留守番電話サービスにつながった場合、伝言を残すかどうかについては、「残す時もあるという程度」が33.3%で最多となり、「どちらかというと残さない」が28.5%、「残した事が無い」が23.7%でこれに続いた。年代別では、年代を追うごとに留守番電話サービスに伝言を残す頻度が高くなる。

 留守番電話サービスにつながった後、伝言する以外にとる対処方法は、男性では「後で電話をする」が、女性では「用件をメールする」が多かった。コールが鳴った後、留守番電話サービスにつながった場合は、男性の58.3%が「後で電話をする」と回答し、女性の58.6%が「用件をメールする」と回答。コールが鳴らずに、留守番電話サービスに繋がった場合は、男性の52.4%が「後で電話をする」、女性の54.1%が「用件をメールする」と回答している。

 留守番電話サービスに対する満足度は、男性では「満足」が9.9%、「やや満足」が15.4%、「普通」が56.3%となり、女性では「満足」が6.7%、「やや満足」が10.4%、「普通」が67.0%。男女ともに不満を感じていない人が約8割となった。

 留守番電話サービスで改善して欲しい点は、「利用料金」が42.5%と最も多く、以下「録音時間」が25.6%、「操作方法」が15.5%、「アナウンス内容」が15.3%と並んだ。

 メロディーコールを利用している人は、男性では22.2%、女性では23.8%となり、年代別では男女共に40代以上の利用割合が最も高かった。メロディーコールで改善して欲しい点も、留守番電話サービス同様「利用料金」が37.6%で最多。これに「音質」が25.5%、「曲数」が22.6%で続いた。

 携帯電話のオプションメニューを変更するタイミングについては、「必要なオプションメニューを見つけたとき」に変更すると回答した人が44.4%と最も多かった。以下は「端末購入時」が33.8%、「ほとんど変更しない」が24.7%、「新しいサービスが出た時」が20.2%と並んでいる。10代は「ほとんど変更しない」が最も多く、20代からは「必要なオプションメニューを見つけたとき」が最多だった。

引用元:IT Media
最新!ケータイ情報ランキングへ
 ケータイではメールの作成や電話帳の登録など、いろいろな場面で文字を入力します。慣れてくれば、ある程度、スムーズに文字を入力できますし、最近の機種では予測変換や推測変換が標準的になっているため、かなり使いやすくなりましたが、それでも長い文章を入力するのはたいへんです。今回は文字入力で知っておくと便利な小技をいくつかご紹介しましょう。

逆順操作のボタンは機種によって異なるが、P703iμ(手前)の[カメラ]ボタンやW51CA(右奧)の[#]ボタンのように、割り当てられたボタンには曲線と矢印を組み合わせたようなアイコンや図柄が印刷がされていることが多い。

 ケータイで文字を入力するとき、おそらく多くの人は[1]~[0]までのダイヤルボタンをくり返し押す「マルチタップ」と呼ばれる方法を使っているでしょう。マルチタップ入力では[1]を1回押すと「あ」、2回押すと「い」、3回押すと「う」といった具合いに、入力される文字が順に進んでいきます。たとえば、「おはよう」と入力するときは、[1]を5回押して「お」、[6]を1回で「は」、[8]を3回で「よ」、[1]を3回で「う」を入力するわけです。

 しかし、文字入力でボタンを押すとき、調子よく何度も押してしまい、入力したい文字を行き過ぎてしまうことがあります。このとき、一部の機種では入力する文字の候補を逆にさかのぼることができる逆順操作という機能が使えます。たとえば、「め」と入力したいときは[7]キーを4回押しますが、5回押してしまって「も」まで進んでしまったとき、逆順操作で「も」から「め」に戻すことができます。逆順操作をくり返せば、「も」→「め」→「む」→「み」→「ま」のように、さらにさかのぼることもできます。逆順操作は機種によって操作方法が違いますが、NTTドコモやソフトバンクのSHシリーズは[開始]ボタン、NTTドコモのPシリーズは[カメラ]ボタン、auはほとんどの機種が共通仕様で、[#]ボタンに割り当てられています(いずれも最近の機種の場合)。NTTドコモのNシリーズは従来、側面の[ホーム]ボタンに逆順操作が割り当てられていましたが、最新のN904iでは他社と同じ[開始]ボタンに割り当てが変更されてました。

 また、文字を入力するときは、入力した文字に合わせ、「かな漢字」「カタカナ」「英数字」など、入力モードを切り替える必要があります。しかし、かな漢字と英数字やカタカナが混じっている文を入力するときは、入力モードの切り替えが面倒です。そこで、一部の機種ではかな漢字などの日本語入力モードのまま、英数字やカタカナを入力できる「英数変換」「英数カナ変換」という機能を搭載しています。

 たとえば、「Jリーグ」入力するとき、日本語入力モードのまま、[5]を押します。画面には「な」が入力されますが、ここで英数変換の操作をすると、「J」に変換されます。ダイヤルボタンの[5]は日本語入力なら「な」が入力できますが、英字モードなら「J」、数字モードなら「5」が入力されるため、英数変換で簡単に変換できるようにしているわけです。ちなみに、[5]ボタンを2回、もしくは3回押し、英数変換の操作をすれば、「K」や「L」を入力することもできます。

 続いて、日本語入力モードのまま、「りーぐ」と入力して変換すれば、「Jリーグ」という単語が入力できるわけですが、言葉によってはカタカナが変換されないこともあります。このようなときは、通常通り、ひらがなで文字を入力し、「英数カナ変換」でカタカナに変換することができます。名前の読みがなをカタカナで入力したいときなどにも便利です。英数変換の操作方法も機種によって、さまざまですが、多くの場合は画面に「英数変換」などのガイドが表示されるので、それに対応したボタンを押します。

 この他にも文字入力には、ちょっと便利な小技がいくつかあります。自分が使っている機種の取扱説明書で「文字入力」などのページがあるはずなので、チェックしてみてください。意外に便利な入力方法が見つかるかもしれません。

引用元:asahi.com
最新!ケータイ情報ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。